アウディR8 V10 プラス ウラカンと異なる独自性を築く 試乗記

公開 : 2017.11.15 11:55  更新 : 2017.11.15 12:38

アウディR8 V10 プラスの試乗記です。周りには、570Sスパイダーや488スパイダー、さらにはウラカン・スパイダーも存在。なかでも独特な立ち位置を築いています。

もくじ

どんなクルマ?
R8 V10「プラス」 どう違う?
テスト車両 内外装も注目ポイント

どんな感じ?
自然吸気V10と「屋根あき」の魔力
570S/488 GTBの差別化は?

「買い」か?
R8 V10プラス 築く独自の立ち位置

スペック
アウディR8 V10 プラスのスペック

どんなクルマ?

R8 V10「プラス」 どう違う?

エントリーレベルのR8スパイダーなら£130,000(1931万円)ほどで購入できるのに、このモデルが£25,000(371万円)も上乗せされていることに疑問を持つかもしれない。

スーパーカーの600psクラブ・メンバーの1台となるべく、ミドシップに搭載される5.2ℓV10は、圧縮比を高めて70psと2.1kg-mが加算されている、という事実を聞けば、少しは納得がいくものだろうか。

さらにカーボン・セラミック・ブレーキにスポーツ・シート、カーボンファイバー製のパーツ類がエクステリアにもインテリアにも不足なく奢られ、車重は1695kgと25kgの軽量化を実現することで、ハンドリングも向上。

その結果得られたパフォーマンスは、現在のところマクラーレン720Sと並ぶこととなった。

「プラス」仕様のアピアランスで大きなポイントは、リアデッキのエッジに大きく伸びるスポイラーだ。カーボン製のリアディフューザーと合わせて、最高速度域では100kgものダウンフォースを後輪に発生させる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事