シボレー・カマロ 山あり谷ありの50年まとめ 後編

公開 : 2018.01.02 06:10  更新 : 2019.05.04 13:03

フォード・マスタングやポルシェ911に並ぶ歴史を持つシボレー・カマロ。ブランド断絶の危機、それを乗り越え、新機軸導入やかつてないハイパワー化で魅力を増した最新モデルなどを追います。

80年代スタイルへの全面刷新

1981年、シボレーは第3世代のカマロを発表する。エッジの利いたデザイン、奥まって設置された角型4灯ヘッドライト、空力性能の高さを感じさせるシルエット。すべてが過去の型枠から解き放たれた、新時代の到来を感じさせるデザインだった。

当時のGMは、カーマニアたちと環境保護庁を同時に満足させるエンジンを模索しているまっ最中。81年登場のカマロには、アイアン・デュークと呼ばれるたった91psの2.5ℓ直4まで設定されたが、これに満足する者などそうはいない。その上には2.8ℓV6があったが、これも114psに過ぎなかった。トップグレードにはZ/28の名が与えられ、キャブレター仕様の5.0ℓV8が搭載されたものの、147psというのは初代カマロのベースグレードとほぼ同じ最高出力だった。

 

人気記事