メルセデスSクラス vs アウディA8 vs BMW 7シリーズ 大型高級セダン対決 前編

公開 : 2018.01.29 11:40

後部座席、いちばんになったのは?

740dも居心地が悪いという訳ではまったくないが、もしあなたが188cm以上であれば、アウディやメルセデスと比べて7シリーズのリアのヘッドルームが不足していることを見逃すことはできない。

また、ラウンジ・モードではフットレストの高さも少し変だし、腿のサポートも不十分だ。メルセデスと比べるとBMWのシートは少し平板で固い感じ。程度の差こそあれアウディと比べても同様である。見た目よりも少しだけ快適性は落ちる。

一方のA8は基本をしっかりと抑えているので、7シリーズよりもSクラスに近い快適性を備えている。両方のライバルよりも実用的な空間を備え、リアシートはクッションが少し不足するが、BMWよりもソフトでしなやかな感じだ。

A8のリアシートはSクラスのリアシートほど並外れたくつろぎを与えるものではないが、もちろん非常に快適である。われわれの試乗車ではオプションの装備品のレベルに至るまで同様なので、あまり厳しくアウディを責めるのはやめよう。

それでもなお、キャビンのこの上ない安楽さで今回のコンテストの先頭に立つのはSクラスだ。

しかし、ラグジュアリー・サルーンのインテリアで重要なほかの要素も考えるようになると、Sクラスの優位性は揺らぎ始める。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事