ダラーラ・ストラダーレ試乗 初のロードカー市販 乾燥重量855kgに400ps

公開 : 2018.03.26 11:10  更新 : 2018.04.05 15:45


ナルド・サーキットでじっくり味わう

乗り心地も印象的に優れている。しかも、多くのカーボン製のシャシーを持つスーパーカーとは異なり、荒れた路面を走行する際に発生しがちなノイズを、ストラダーレは発しないのだ。

唯一不満を挙げるとすれば、ブレーキだろう。

スチール製のディスクが装備されているが、ダラーラによればカーボンセラミックス製である必要性はないという。しかし、ブレーキのブーストの立ち上がりが急で、効きが鋭すぎると感じた。それに足元の空間がタイトだから、望み通りのヒール・トウを使ってのシフトダウンは難しい。

ここまで楽しんだ公道でのストラダーレの味わいは、あくまでも前菜と言ったところ。メインは何と言ってもサーキットだ。

イタリア南部のナルドサーキットはハンドリングコース。多くのシャシーエンジニアに愛されてきたコースだが、ダラーラ・ストアラダーレほど走破するのに苦労を要しないクルマも少ないだろう。

サーキット走行のために用意されたストラダーレの試乗車には、まだプロトタイプとしての偽装が残ったままだったが、オプションのリアウイングが装着されていた。タイヤは、ピレリ・トロフェオRを履いていたが、サーキット用として最終的に指定となったわけではないようだ。トランスミッションは、極めて高速に変速を完了させる、シングルクラッチATとなる。

コースインだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ダラーラの人気画像

×