アバルト124スパイダー 史上初のジムカーナ100勝に貢献 

2018.04.26

ジムカーナの世界で、アバルト124スパイダーの人気がじわじわ高まっているのをご存知ですか? 今週、山野哲也選手が達成した前人未到の100勝目を支えたのもこのクルマです。

前人未到 PN2クラスで100勝

アバルト124スパイダーを操る山野哲也選手が、2018年4月22日、福島県のヱビスサーキット西コースで開催された全日本ジムカーナ選手権PN2クラスで勝利し、通算100勝目を達成した。

緻密なコーナリングやブレーキング技術が求められるジムカーナに「アバルト124スパイダー」が選ばれたことは、エンジン性能、路面からの大きな入力にも耐えるボディ剛性とスタビリティに優れたサスペンション設計、高いトラクション性能、ニュートラルなステアバランスなど、FRスポーツカーとしての高い基本性能が証明された形になる。


この結果、ジムカーナの中で特に車種のバリエーションの多いPN2クラスに、本年はアバルト124スパイダーの参加台数が増え、スポーツカーとしての認知がますます広まってきた。

この100勝目を達成した日の山野選手と124スパイダーの様子は、アバルト製品サイトにて公開されている。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『アバルト124スパイダー 史上初のジムカーナ100勝に貢献 』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事