中古アストン マーティン 買うならどのモデル? 「手の届く上流階級」後編

公開 : 2018.04.28 20:10

3台のアストン アナタが選ぶのは?

「V8ヴァンテージDB9の発売で、それが7000台以上になり、社としては初めてわずかながらも利益が出ました。今日では、ヴァンテージはアストンの最多販売車種となっています」また、デザインには、究極的な英国紳士像を思い描いたという。「それはジェームズ・ボンドであったり、スマートなエグゼクティブだったりするのですが。このクルマには、ボディビルダーのような筋肉質さはありません。アスリートのように逞しくエレガントで、控えめでもあり、そしてスポーティなのです」


今回の3台は、長い歴史に培われたアストン マーティンの伝統に連なりつつ、極めてスタイリッシュに仕上がったクルマたちだが、その性格は三者三様だ。ハードコアなスリルを欲するならヴァンテージ、くつろいだライフスタイルを望むならDB7を選びたい。その中間にあるのがDB9で、今回集めたクルマたちの勘所を押さえており、なぜこれらの中古価格が上がり始めているのかを理解させてくれるといえるだろう。

個人的には、DB7の麗しい姿こそ自分の好みそのものだが、どれを選んだとしても、ひとつだけは明らかだ。いくら支払ったにしても、その金額で買える最良の選択となるに違いないということである。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

アストン マーティン DB7の人気画像