VWとセアト 後席のシートベルトに不具合 フィンランドの雑誌が告発

公開 : 2018.05.11 11:20

フィンランドの雑誌によるハイスピード・レーンチェンジテスト中に、セアト・アローナ、セアト・イビザ、フォルクスワーゲン・ポロのハイスピードテスト中に後部座席のシートベルトが外れたままになる問題が判明しました。VWは「まずは使用を控えて」とコメントしています。

もくじ

フィンランドの雑誌が告発
VW「まずは使用を控えて」

フィンランドの雑誌が告発

フィンランドの雑誌によるハイスピード・レーンチェンジテスト中に、セアト・アローナ、セアト・イビザ、フォルクスワーゲン・ポロのハイスピードテスト中に後部座席のシートベルトが外れたままになる問題が判明した。

フォルクスワーゲンはオーナーに対し、リコールが行われるまでは後部中央席の使用を控えるよう警告した。

フィンランドの自動車雑誌「Tekniikan Maailma」によると、フォルクスワーゲン・グループのMQBアーキテクチャーを採用する3モデルの後部左席のシートベルトが、5人乗車時に解除されてしまうようだ。

フォルクスワーゲンのスポークスマンはAUTOCARに対し、問題は認識しており、「直ちに技術的な解決を図り、疑わしいモデルのリコールを行います」と述べた。

問題は中央席のバックルが、左席のバックルよりも少し高く配置されている点にある。高速で左側にレーンチェンジすると、中央席の乗客の重さで中央席のバックルが左席のバックルの解除ボタンを押してしまうのだ。

 

人気記事