新型メルセデス-AMG A45 最高出力406ps超え 写真40枚

2018.05.21

A35とA45 ココで識別できる

既報の通り、トビアス・メアースは新型Aクラスについて、ソフトなAMGモデルとしてA35がラインナップされると認めている。トップモデルのA45は、406ps超えのスペックを持ち合わせながら、外観上の識別点は楕円形の4本出しエグゾースト程度にとどまるという。A35では、これが2本出しになるようだ。

アウディRS3、BMW M2 CSLというスーパーハッチのライバル勢にAMGが叩きつける挑戦状となる新型A45。AMGの社内では、そのハイパフォーマンスにちなんで「ザ・プレデター」と呼んでいるという。


A45は、サーキット走行に向けたエクストリーム・モードを設定。アジャスト可能なダンパーを搭載した専用シャシーを採用する見込みだ。今回撮影された写真でも現行型に比べて車高が低まっているように見える。

さらに新型Aクラス用のフロアパンとストラクチャーに対応するため、フロントのトレッドを拡大。新アーキテクチャーの効果もあり、大幅なボディ剛性向上を実現するという。

なお、AUTOCAR JAPANでご覧になっている方は、「すべての画像をみる」ボタンから、外部メディアの方は、記事下のリンク「『新型メルセデス-AMG A45 最高出力406ps超え』すべての画像をみる」から、ほかの画像をお楽しみいただける。

 

人気記事