解説 フェラーリ488ピスタ 写真25枚 FRDで日本初公開

公開 : 2018.07.03 06:10

「フェラーリ488ピスタ」が、FSWで行われた「フェラーリ・レーシング・デイズ富士2018」で日本初公開されました。0-100km/h加速:2.85秒、最高速度:340km/hという圧倒的なパフォーマンスを支えるポイントをご紹介しましょう。

text&photo: Kazuhide Ueno(上野和秀)

もくじ

フェラーリ・レーシング・デイズ富士2018に登場
エンジン軽量化 インコネル採用
すでに完売 スペック情報

フェラーリ・レーシング・デイズ富士2018に登場

3月のジュネーブ・モーターショーでワールド・プレミアされたフェラーリ488ピスタが、日本で早くも披露された。チャレンジストラダーレに端を発する量産8気筒モデル・ベースのスペチアーレで、パフォーマンスをロードカーの極限まで追求している点が特徴だ。

ミドに搭載される3.9ℓ V8ツインターボ・エンジンは721ps/8000rpm、78.5kg-m/3000rpmを発揮し、0-100km/h加速:2.85秒、最高速度:340km/hという圧倒的なパフォーマンスを叩き出す。

488チャレンジや488 GTEがレースで得たノウハウを注ぎ込んで開発されたもので、ボディはバンパー、リアスポイラー、エンジンカバーのほかインテリアではシート、ダッシュボード、センターコンソールにカーボン・パーツが使われる。ホイールもオプションで軽量な20インチ径のカーボン製が用意される。
 

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事