メルセデス・ベンツGLC 2.2ℓディーゼルは2.0ℓへ Cクラスの装備採用か

公開 : 2018.07.04 17:10

メルセデス・ベンツの小型SUV「GLC」のフェイスリフト版テストカーが目撃されました。外観の変更は小規模なものにとどまりますが、現行の2.2ℓディーゼルが2.0ℓに変更されるようです。インフォテインメントシステムが刷新される可能性もあります。

もくじ

2.2ℓディーゼルが2.0ℓに置き換え
インフォテインメントシステム刷新の可能性も

2.2ℓディーゼルが2.0ℓに置き換え

メルセデス・ベンツGLCは来年フェイスリフトを受け、Cクラスと同等のレベル2運転支援システムが装備されるとともに新設計のディーゼルエンジンが搭載される。

このアップデート版GLCはドイツでテスト風景が目撃された。サルーンと同様に15秒間まで車線を維持することができるレーンキーピングアシストなどが装備されている。

新しい電動アーキテクチャの「スター2.3」というプラットフォームが採用されている。エンジンのラインナップについては、現行GLCに搭載されるOM651と呼ばれる2.2ℓ4気筒ディーゼルが置き換えられ、代わりにOM654型が搭載されるだろう。これは200d、220d、300dに設定される。

OM651を搭載するモデルは昨年ソフトウエアのリコールを受けている。この理由としてメルセデスは「NOx排出量を確かなものとするため」としている。