メルセデス・ベンツGLE次期型 インテリアのスケッチ公開 画像7枚

公開 : 2018.07.06 16:40

メルセデス・ベンツは次期型GLEクラスのインテリアのスケッチを公開しました。最近のメルセデスに共通のツインディスプレイを採用していることがうかがえます。ただし、その位置はやや低められ、より一体感のあるデザインになっています。

もくじ

他モデルと同様のツインディスプレイを採用
現行GLEとは全くことなるデザインに

他モデルと同様のツインディスプレイを採用

メルセデス・ベンツは新型GLEに関する初めての公式プレビュー画像として、インテリアのスケッチを公開した。実車の発表は9月のパリモーターショーで予定されている。

最近発売された他のメルセデス車と同様、GLEはふたつのデジタルディスプレイが並べられ、メーターパネルやインフォテインメントシステムに使用される。ただし、現行A、E、G、Sクラスなどとは異なり、ダッシュボード上部よりも低い位置に設置されるようだ。メルセデスのデザインボスであるハートムット・シンクウィッツによれば、これによりさらに一体感のあるデザインになるという。

「われわれはパネルをよりシームレスに一体化させたいと考えています。そうすることでよりしっかりとしたつくりに見えるでしょう」と語る。彼は最近のメルセデス車のインテリアデザインに重要な役割を果たしている。

このパネルは12.3インチのデジタルディスプレイを標準でふたつ備えている。この制御は18種の機能を持つ新しいマルチファンクションステアリングによって行う。水平方向のスポークにはふたつのタッチパッドが備えられ、センターコンソールにはより大型のタッチパッドが装着されている。

新型Aクラスと同様、インストルメントやインフォテインメントシステムは新しいMBUX(メルセデス・ベンツ・ユーザー・エクスペリエンス)によって操作する。これは音声認識やメルセデス・ミーというアプリによる情報収集能力を持つ。