2019年型 DS3クロスバック 商標画像が公開

公開 : 2018.07.12 11:20

SUV投入による収益改善を狙う

スポークスマンはAUTOCARに対し、将来的なラインナップ構成は「収益性がカギとなります」と語った。つまり、CMPやEMP2ではないモデルは消滅するということだろう。これはPSAグループ全体の方針に従うものだ。

DSはプジョー、シトロエン、ヴォグゾール、オペルなどが属するPSAグループにおいて、プレミアムブランドとしての立ち位置を持っている。

DSは7クロスバックに新しいルックスを与えた。3クロスバックのテストカーを見る限りでは、より小型のモデルにもそのスリムなライトや幅広なグリルなどの特徴が引き継がれるようだ。今回公開された商標画像からもそれが確認できる。この画像はカースクープスに最初に掲載されたものだ。

プジョーはSUVを投入することの効率性を示したばかりだ。SUVによる売り上げ増により、2017年のPSAの売り上げの3分の2を占めているのだ。DSはより高価格であることからプジョーを上回ることは難しいが、最近の販売不振の改善には期待が持たれている。

DS車の需要は昨年38.5%もの落ち込みを見せている。これは主に中国市場での販売不振が原因だ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事