米レース史最大の事故から15年 なぜマクラーレンのテスターに? インタビュー

公開 : 2018.08.11 16:10

ケニー・ブラックのキャリア

レースハイライト

1996年:F3000 2位、ウィリアムズ、リジェ、アロウズのF1テストドライバー
1998年:インディカーチャンピオン
1999年:インディ500優勝
2009年:Xゲームで優勝した唯一のルーキー
2011年:グッドウッドでのRACツーリスト・トロフィー優勝
2013年:グッドウッドでのウィットスン・トロフィー優勝

彼の原点

ブラックが運転できるようになったのは6歳のころ。故郷のスウェーデンで、父と一緒に凍った湖の上をさまざまなクルマでドライブした。

10歳になる前、ブラックは地元の公道を運転できるようになった。「今とは違って、あのころはもっと緩かったですからね」と彼は微笑む。

現在より規制がだいぶ遅れていた当時、ブラックはホステルで庭師として働いていたのだが、そこのレース好きなオーナーがブラックの運転を見てゴーカートを買い与えた。

「わたしがいた村の公道はどこも砂利道だったので、彼の駐車場で練習するしかありませんでしたけどね(笑)」

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事