BMW元幹部 アウディCEO就任へ 前CEO逮捕受け

公開 : 2018.07.31 17:10

アウディの元CEOのルパート・シュタートラーがディーゼル不正問題への関与の疑いで逮捕されたのを受け、後任としてBMWの購買部門の元責任者が選ばれました。同時にフォルクスワーゲングループの役員にも就任し、来年1月1日からその職務にあたるとのことです。

BMW購買部門ディレクター アウディCEO就任へ

アウディのルパート・シュタートラーCEOの逮捕を受け、BMWの購買部門を率いていたマーカス・デュースマンが後任を務めることが決まった。ドイツでの報道によれば、彼は1月1日からその職に就くようだ。

新たにフォルクスワーゲングループの役員に就任したデュースマンは、現在暫定CEOを務めるセールス&マーケティング部長のエイブラハム・ショットと交代する。アウディはこの件について公式な声明を出していない。

フォルクスワーゲングループはデュースマンの役員就任について、「現在BMWグループで部品調達とサプライヤーネットワークを統括するデュースマンが、準備が整い次第、新たな職に就くことになります。この契約はすでに署名されました」と発表した。この声明では、デュースマンについて「自動車業界においてもっとも経験豊富で優れたエキスパートのひとり」であり、「幅広い領域の知識をもつ」と評価している。

シュタートラーの逮捕は、フォルクスワーゲングループのヘルベルト・ディエスCEOにとって重大な打撃であったのだ。

なお、シュタートラーの逮捕について「アウディCEO逮捕 VWグループCEO「グループにとって打撃」」にて、更に詳細な情報をご覧いただける。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事