ジープそっくり車生産のマヒンドラ FCAの告訴「根も葉もない」

公開 : 2018.08.30 21:10

ジープのそっくりさんを造ったマヒンドラは、告訴について「根も葉もない」と主張。対するFCAは「ボクシーなボディ形状に、エンジンフードとほぼ同じ高さのフラットで垂直なサイドとリアエンド」はジープの証だと主張しています。さて、どちらの言い分が通るのやら。

マヒンドラ、FCAに反論

インドのマヒンドラが製造するジープ風SUVのロクサーについて、ウィリス・ジープをコピーしているとしてアメリカへの輸入差し止めを目論むフィアット・クライスラー・オートモビルズ(FCA)。これに対し、マヒンドラは告訴が根も葉もないものだと反論している。

マヒンドラ・ロクサーは、レトロなジープを思わせるスタイリングの2座クロカンだが、アメリカでは公道走行が許可されておらず、オフロードバギーなどと同じUTVにクラス分けされる。

マヒンドラによれば、FCAとは2009年にとある合意を交わしているという。その内容は、FCAが認めたグリルを使っている限り、ロクサーに関してマヒンドラに対し手出しはしない、というものらしい。「ロクサーは、そのグリルを使っています」とマヒンドラでは述べる。

「わたしたちがまた論じたいのは、フィアットがこの事案をネガティブに宣伝して、ロクサーでのビジネスを阻害し、わが社の市場における評判や立場を傷つけているということです」

「ロクサーはあくまでオフロード専用と意図しており、フィアット車と競合しないクルマです。3年以上にわたる調査と開発の成果で、米ミシガン州に設立した過去25年間で最初のOEM工場で製造します。ロクサーが輸入された低品質のノックオフによるキットカーでないことは、どういったカテゴリーに分類されているかが否定しています」