キャデラック・エスカレード、20周年 大型ラグジュアリーSUVのアイコン

公開 : 2018.09.04 12:05

2002年〜 第2世代モデル

ラグジュアリーSUVの人気が高まり始めた時期に誕生したエスカレードは、キャデラックならではのデザインのもと、技術面、性能面を新たに見直し、短期間でセグメントにおける傑出したエントリーモデルとしての地位を確立。カスタマーは、室内空間の広さ、性能、比類ない存在感に魅了されたのだ。

カーライルは、「そのコンビネーションはたちまちのうちに人々の共感を呼びました。ポップカルチャーを通してまったく新しい世代のラグジュラリー層にキャデラックの存在を浸透させ、ブランドのイメージを大きく変化させることとなりました」と語る。

2002年に第2世代モデルが発売されると、その直後のエスカレードの売り上げは35%を上回る勢いで増大し、より汎用性の高いエスカレードEXTが本格的な生産に入った翌年にはさらに55%の成長を記録。

発売開始から5周年を迎えるまでには、エスカレードの売り上げはおよそ230%まで膨れ上がり、顧客はもちろん、トレンドを左右するインフルエンサー、バレーパーキングが考えるラグジュアリーカーの定義を変えるまでになった。

 

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×