トヨタ・シエンタ 2列シート車発売、荷室がフラットに 後席リマインダー搭載

2018.09.11

トヨタ・シエンタが、改良新型になりました。車中泊に最適な「2列シート車」を新設定。フラットかつ最大荷室長2065mmのラゲッジを実現しています。価格は177万6600円~。画像15枚。

もくじ

ツートーンカラー登場
日本初 リアシート・リマインダーとは
シエンタ2列シート車 価格は?

ツートーンカラー登場

トヨタ・シエンタのマイナーチェンジ・モデルが発売された。

従来の3列シート車に加えて、2列シート車を新設定したのがトピックだ。

これでシエンタのラインナップは、

・5人乗り 2列シート車:ファンベースX、ファンベースG
・6人または7人乗り 3列シート車:X、G、Gクエロ

となり、それぞれにガソリン仕様とハイブリッド仕様を揃える。

2列シート車は、2列目シートを倒すことで、フラットかつ最大荷室長2065mmのラゲッジを実現。車中泊といったアクティブユースの利便性が向上した。

これに合わせて、デッキサイド両側にユーティリティホールを9個ずつ設置。販売店装着オプションのフックやシステムバーと組み合わせて、荷室の使い道を広げることができる。

さらに、安全機能・実用機能の強化も進められた。

 

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース