フェラーリ・モンツァSP1/SP2 さらに488ピスタ・スパイダー パリに登場

公開 : 2018.10.03 06:10  更新 : 2018.10.03 18:12

フェラーリが、パリショーに、モンツァSP1/SP2、488ピスタ・スパイダーを展示。モンツァは、跳ね馬のヘリテージをモチーフに、特別な顧客に展開する「イーコナ」セグメントの第1弾です。写真10枚。

新セグメント「イーコナ」からSP1、SP2出展

フェラーリは、フェラーリ・モンツァSP1、SP2、さらにドロップトップ・モデルのフェラーリ488ピスタ・スパイダーを、パリ・モーターショーで披露した。

モンツァSP1およびSP2は、50年代のバルケッタをモチーフに、現代の美意識と先進的な技術を取り入れたオープンエアー・スポーツカー。

エレガンスとスポーツ性能の融合によって、V12自然吸気エンジンの力強いサウンド、痛快なスピード感や路面との一体感といった、比類ない体験に浸ることができるモデル。

488ピスタ・スパイダーは、レース由来の技術とオープンエア・ドライブの楽しさが盛り込まれた、フェラーリ史上最もパワフルなスパイダー。

エンジン・オブ・ザ・イヤー3年連続受賞のツインターボV8エンジンを搭載し、720psという強烈なパワーながら、エアロダイナミクス性能の向上や軽量化、サイドスリップ・コントロールシステム(SSC6.0)の導入により、思い通りのドライビングを楽しめるという。