ロードテスト フォルクスワーゲン・トゥアレグ ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2018.10.14 16:10  更新 : 2018.10.14 20:32

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

購入と維持 ★★★★★★★☆☆☆

トゥアレグはもはや、価格に対しての強みは薄れてしまったようだ。ベースグレードとなるSELですら価格は5万1595ポンド(743万円)で、6000ポンド(86万円)も値上がりしている。そのかわり、技術面での装備は充実しているけれど。また英国の場合、ディーラーによっては個人での契約プランに応じて、Rラインモデルを購入する場合などに3000ポンド(43万円)のデポジットを要するところもある。

今回のテスト車両でもあるトップグレードのRラインでは、3年後の価値を見た場合、ライバルモデルのアウディQ3やボルボXC90よりも低くなると見込まれている。ただし、3年間で5万8000kmを走行した場合の価値としては新車時の44%と予想され、決して低い数字とはいえない。トゥアレグの標準装備の内容と価格を鑑みると、ライバルモデルの優位さも見えてくるから、購入に際しては充分検討したほうが良さそうだ。

フォルクスワーゲンは、オフロード走行を前提とした利用や牽引走行が多い場合、年間の走行距離が1万6000km未満場合など条件に合わせて、それぞれ一定の期間での定期点検を推奨している。

英国の場合、多くのドライバーは舗装路中心で使用するだろうし、1年間の走行距離も1万6000km以上だろうから、定期点検のインターバルは柔軟に設定されている。クルマに搭載された多くのセンサー類が整備点検の必要性を感知し、オンボードコンピューターを介してドライバーに伝えてくれるはずだ。トゥアレグには、3年間または9万6000kmの構造的な部分を保証などが付いている。

価値の推移

中古車の値下がりはライバルモデルよりも若干大きいが、大きく失望するほどのものではないだろう。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

 
最新試乗記