ロードテスト フォルクスワーゲン・トゥアレグ ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2018.10.14 16:10  更新 : 2018.10.14 20:32

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

使い勝手 ★★★★★★★☆☆☆

トゥアレグのパンフレットには、ダッシュボードの大画面にドライバーが手を伸ばしている写真が用いられている。画面サイズに合わせて、大きく明瞭なインターフェイス・グラフィックスが用いられている。見た目は美しく、一貫性のあるデザインテーマを持っているが、多くの内容が盛り込まれ過ぎで、どこから触って良いのか見当を付けるのが難しい側面もある。このシステムを長く使っていれば、次第に慣れていくのかもしれないけれど。

操作している間、腕や指を支えるのに良い場所が備わっていないから、走行中に適切な場所を触れるのに、思った以上に時間がかかるようだ。結局、従来式のロータリースイッチや、センターコンソールに配置されたコントローラーの方が、腕を持ち上げて操作する必要もなく、画面を見て確認するために、前方の路上から目をそらす必要も減る。タッチスクリーン自体は最高のものだと思うが、物理的なインターフェイスの方が、簡便に思える。

視界

ライバルモデルと比べて着座位置は低いが、全方位で視覚は優れている。

燈火類

オプションとなるLEDマトリックス・ヘッドライトは秀逸。オート・ハイビームモードでは対向車や歩行者を検知し、光の当たり方を瞬時にコントロールしてくれる。

ステアリングとペダル

ペダルレイアウトは文句の付け所もなく、ブレーキペダルは横に大きいため、右足でも左足でも操作しやすい。ステアリングホイールのコラムの調整幅も大きい。

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ 購入と維持 ▶ スペック ▶ 結論

関連テーマ

 
最新試乗記