新型BMW Z4 初試乗 ソフトトップ採用 ドライビングの質、大幅に向上

公開 : 2018.11.12 10:10  更新 : 2018.11.17 16:18


どんな感じ?

ソフトトップの魅力

電動メタル・ハードトップという複雑な技術は、昨今の自動車業界では絶滅しかけている。そもそもソフトトップの方が軽量でシンプル、クルマへの搭載もしやすい。スポーツカーにとっては、条件的にもはるかに有利だった。しかも現代の技術なら、ハードトップと遜色のない気密性や居住性を実現させることも可能になっている。コンバーチブルとしてアピアランスの魅力も、改めて気付かさせてくれることとなった。

スポーツカーにとってソフトトップとは、アメリカの映画俳優、ジーン・ケリーの中折れ帽や傘のようなもの。笑顔をくれるアイテムだと思う。例えがいささか古いけれど。トップを閉じている間は、少し我慢の時間。日差しが戻ってトップを開けば、ほかでは味わえない素晴らしい時間がやってくる。

そして今回のZ4のソフトトップはこれまでになく美しい。BMWは標準ではブラックを設定しているが、今回のテスト車両に組み合わされていたのは、暗めの灰色、アンスラサイト・グレーにシルバーのフレークが散りばめられたもので、デザイナー・デニムのような雰囲気がある。

そんなソフトトップを開くと、以前のZ4ほど、シートポジションが後ろ寄りではないことに気づく。以前はリアタイヤの直前に座り、長大なボンネットが視界に広がっていた印象があったが、3代目では大分雰囲気が変わった。ドライバーはちょうどホイールベースの中心付近に座る形になり、着座位置も低く、巻き込む風の面でも有利。脚まわりや肩まわりの空間も広くなっている。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記