海外ニュース

2018.11.07

英でも報道 マツダのロードスター公式レストアサービス 1号車が完成

編集部より

マツダが昨年スタートさせた初代(NA型)ロードスターのレストアサービスを受けた1号車が完成しました。シャシーのリフレッシュやリビルトエンジンの搭載など、2カ月間かけて専属チームにより完全にレストアされています。

もくじ

メーカーによるレストアサービス
2カ月をかけてのレストア
オーダーメイドによる作業

メーカーによるレストアサービス

これが初代マツダMX-5(NAロードスター)の公式レストアサービス第一号車だ。

北米ではマツダMX-5ミアータ、日本ではユーノス・ロードスターまたはマツダ・ロードスターとして知られるNA型は1989年にデビューした。安価で、2シーター、フロントミドエンジン、リアドライブのロードスターのベンチマーク的存在であった。

来年その登場から30周年を迎えるのを前に、メーカーはレストアを希望するオーナーの声に応えるサービスを開始した。

もちろん、このようなサービスを行うメーカーはマツダが初めてではない。ポルシェ、ジャガー、アストン マーティンは特に有名だろう。さらにアルファ・ロメオも同様のサービスをスタートしている。

next page2カ月をかけてのレストア

すべての画像をみる

 
最新海外ニュース

人気コンテンツ