新型BMW Z4 初試乗 ソフトトップ採用 ドライビングの質、大幅に向上

公開 : 2018.11.12 10:10  更新 : 2018.11.17 16:18

ボクスターの好敵手といえるBMW Z4がモデルチェンジ。以前に増して優れたドライビング性能を獲得することで、日常的に利用できるオープントップのスポーティモデルではなく、本物のスポーツモデルを目指しています。目標は達成できたのか、ポルトガルで確かめました。

もくじ

どんなクルマ?
3代目となったオープン2シーター
トヨタと共用のプラットフォーム
どんな感じ?
ソフトトップの魅力
直接聞こえる直6のノイズ
718ボクスターを超えてはいない
「買い」か?
あくまでもラグジュアリーなロードスター
スペック
BMW Z4 M40iのスペック

どんなクルマ?

3代目となったオープン2シーター

BMWは、Z4のスポーツカーとしてのキャラクターを強めたい様子。

Z4が初めて登場したのは10年以上前だが、当時はツーシーターの爽快なオープンカーを、バリエーションのひとつとして試しているように思えた。 そもそも、Z1や Z3、Z8などのオープンモデルは、目新しさという点で価値はあったものの、モデルチェンジを果たせるほど、市場での成功を収められたわけではない。1代限りということもあってか、Z8の中古車価格は20万ポンド(2960万円)に迫る勢いなのは、少し行き過ぎに思えてしまう。

その一方で、Z4はモデルチェンジを2回も行えるほどの、充分な成功を収めている。3代目となる今回のモデルでは、2代目で採用されていたメタル・ハードトップが落ち、全長はやや長く、全幅も広がっており、車重も増えている。

一回り大きくなってはいるものの、先代モデルでは叶えられなかった理想的なドライビング・フィールを獲得し、訴求力を高めようと努めている。フロントエンジン・リアドライブのロードスターとして、BMWの連綿と受け継がれているスポーツカーとしてのDNAを、最良の形で具現化させたクルマなのだろう。加えて、4気筒になってしまったポルシェ718ボクスターに流れてしまう顧客を、シルキーな6気筒で振り向かせるという役目も担う。

関連テーマ

 
最新試乗記