007作品に登場する「影が薄い」クルマたち14選

公開 : 2019.01.26 06:10

アストンDB5やロータス・エスプリ、BMW Z3など、ジェームズ・ボンドが運転するクルマはボンドカーと呼ばれ、人気を博してきました。ですがそれ以外にも多くのクルマが登場します。主役級のボンドカーと主役ではないけど忘れがたいクルマたちを紹介します。

アルファ・ロメオ159(慰めの報酬、2008年公開)

慰めの報酬は前作のカジノ・ロワイヤルが終わった時点から始まり、オープニングではDBSに乗ったボンドが2台のアルファ・ロメオ159に追われている様子を描く。ミスター・ホワイトの手下がH&K G36CやFNミニミなどの銃火器でボンドを狙いながら繰り広げられるシーンは圧巻だ。

1台の159は途中で対向車線のトラックに衝突。のちに騒ぎを聞きつけたカラビニエリ(イタリアの国家憲兵)のランドローバーが両車を追跡するが、もう1台の159から銃撃され、採石場の崖から落下。残った159もオープニングの終盤にボンドから攻撃され、崖から落下し大破する。