マイルドハイブリッド 流行の兆し 安価、軽量が理由

公開 : 2019.03.02 16:50

ハイブリッドやEVの開発競争が過熱していますが、その前にマイルドハイブリッドが流行の気配を見せています。重くかさばる上に高価なハイブリッドシステムに対し、電気のみでの走行はできないものの48Vシステムを搭載するだけで高効率化を実現できる点が強みです。

もくじ

マイルドハイブリッドの増加
内燃機関はまだ残る
大排気量車はいまのうちに
ディーゼルの未来は

マイルドハイブリッドの増加

もしハイブリッド技術が真に有効なのであれば、マーケティングのための特別なバッジを付けるだけでなく、すべての内燃機関を搭載する車両がハイブリッド化されるべきだろう。

それが現実になりつつあるのだ。例えば、2019年型レンジ・ローバー・イヴォークのオートマティック仕様は全グレードが48Vマイルドハイブリッド(MHEV)となる。

完全なハイブリッドやプラグインハイブリッドはより高価なだけでなく、複雑な機構ゆえの重量増も大きい。もちろんこの技術によって短距離なら電気のみでの走行が可能だが、エネルギーの回生機能を実現するだけならここまでの装備は必要ない。

この点において、48Vテクノロジーはすべてを変えるものといえるだろう。従来型のスターターとオルタネーターをより強力なベルトドライブのスターター・ジェネレータに置き換えるだけでMHEVに早変わりするのだ。