試乗 新型BMW 1シリーズ(F40型)プロトタイプ FF化もハンドリング維持

公開 : 2019.03.28 10:10

トップモデルも4気筒に

新型1シリーズは2シリーズやX2、さらにミニ・カントリーマンに用いられているBMWのFAAR前輪駆動プラットフォームの最新版が採用されている。これにより、車体寸法自体は先代とほぼ変わらず、後席のニールームは30mm、荷室容量は20ℓ拡大しているとのことだ。

BMWによれば、1シリーズの潜在顧客の大半は、このことが後輪駆動らしいハンドリングよりも重要だとのことだ。もちろん、1シリーズのオーナーの中でもハンドリングを重視するひとは多数存在しているし、AUTOCARの読者は大半がそちら側に属していると考えている。

そしてこのグループに属するひとびとは、FAARプラットフォームのエンジンが縦置きでなく横置きであることも気にするだろう。このレイアウトによりボンネットを短くすることができるが、現行M140iに搭載される340psの6気筒ユニットは収まらないだろう。

したがって、トップモデルは310psの2.0ℓ4気筒を搭載するM135i xドライブが最上位となるだろう。このM135i xドライブにはBMW製のAWDシステムが搭載される。これは前輪駆動をベースとし、最大50%のトルクが後軸に分配されるものだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事