ルノー・アルカナ、「XM3インスパイア」として韓国に ソウル・モーターショー

公開 : 2019.03.28 18:01  更新 : 2019.03.28 18:13

ルノーのSUVクーペ「アルカナ」。昨年のロシア・ショーでデビューしたモデルが、「ルノー・サムスンXM3インスパイア」として韓国に導入されます。画像5枚が届きました。

クーペSUV、アルカナがベース

ルノー・サムスン・モータースは、新型車「XM3インスパイア」をソウル・モーターショーで発表する。

世界初公開となるCセグメントのクーペSUVで、韓国市場のみに提供される。

外観は、なだらかに下がるルーフラインと際立ったボディスタイルが特徴。SUVとスポーティなセダンの完全なバランスを追求しながら、車内空間とブートスペースには一切の妥協がないと紹介されている。

車体上部はセダンのエレガンスさを備え、高いウェストラインとカットオフされたルーフが特徴。ウインドサラウンドはクロームで加飾し、パノラミック・ガラスルーフを装備した。

また車体下部は、広いグラウンド・クリアランスと19インチ・ホイールが印象的で、2本のエグゾーストパイプはアルミ・フィニッシュとなっている。

ベースとなるのは、昨年のモスクワ・モーターショーでデビューしたルノー・アルカナ。ボディ・スタイリングとプロポーションを共有していることになる。

前後バンパー、フロント・グリル、ホイール、車体下部にペイントされたオレンジの挿し色が、XM3インスパイア専用の意匠となっている。

製造は釜山工場で行われ、2020年の上半期に韓国市場にローンチされる予定だ。

人気テーマ

おすすめ記事

 

自動車ニュースの人気画像