次のインフィニティQ30は2015年デビュー

公開 : 2013.05.16 14:26  更新 : 2017.06.01 01:53

新しいインフィニティQ30は2年後に登場予定だが、日産の副社長のアンディ・パーマーが言うには「アウディA3とQ3の中間」を狙ったモデルになるという。これは、新しい3段階の車高調整システムによって可能となる。

コンセプト・カー、エセレアとして2011年のジュネーブ・モーターショーでプレビューされたが、この時は4ドア・クーペという評価がされた。しかし、インフィニティの親会社である日産は、キャシュガイやジュークのようなセグメントをまたがったモデルにしたいと考えているようだ。

しかし、新しいインフィニティQ30は、「キャシュガイのコピーではなく、市場の中で確立した特徴を持つ」クルマであるとパーマーは語った。更に、インフィニティが確立した高級なブランドであるために、他のクルマとの明確な違いを持つとした。

また、新しいフラッグシップ・サルーンについてもBMW 5シリーズよりも大きくなることはないとコメントした。「BMW 7シリーズの販売が下降傾向にあるということからも、われわれは小型化の道を進むことになろう。」と。

「しかし、それ以前に、われわれは北米以外の地域で、ブランドを確立しなくてはならない。」と語った。

関連テーマ

人気テーマ