ドイツ4強、前年度比プラスはVWのみ なぜ全体は増? 「2019年3月に売れたインポートカー」

2019.04.06

インポートカーの新車販売クイズです。2018年4月〜翌年3月の登録台数は、ドイツ4強のうち3社がマイナス。それなのに、全体ではプラス。なぜでしょう? 3月の販売台数をレポート。

Q:ドイツ4強、前年度比プラスはVWのみ。それでも新規登録は1.2%増。その主要因は?

text:Naojiro Onuki(大貫直次郎)

 

A:中堅ブランドの健闘。

外国メーカー車の新規登録台数の約6割を占めるドイツ4強ブランド(メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン、BMW、アウディ)のうち、2018年度(2018年4月〜2019年3月)で前年度比プラスの新規登録台数を記録したのはフォルクスワーゲンのみ。それでも2018年度の新規登録台数は、前年度比で1.2%の増加を達成した。

主要因として、BMWミニが前年度比0.9%増(2万5794台)、ボルボが同12.9%増(1万8186台)、ジープが同6.2%増(1万1098台)、プジョーが同11.9%増(9986台)、ルノーが同6.0%増(7371台)、ランドローバーが同9.1%増(4239台)、ジャガーが同57.3%増(3759台)、シトロエンが同14.4%増(3655台)、アルファ・ロメオが同28.4%増(2606台)、アバルトが同15.1%増(2498台)を成し遂げたことがあげられる。

各ブランドが実施した精力的な新型車の導入や特別仕様車の設定、販売キャンペーンの展開、販売ディーラーの拡充などが功を奏した。輸入車に対する日本ユーザーの価値観の多様化が進んだことも、中堅ブランドの販売を押し上げた一因といえるだろう。

外国メーカー車の新規登録台数 2カ月連続でマイナス

日本自動車輸入組合(JAIA)がまとめた3月の外国メーカー車の新規登録台数は、前年同月比6.0%減の3万6705台と2カ月連続でのマイナスとなる。また、日本メーカー車含でも同7.3%減の4万2922台と、4カ月ぶりに前年実績を下回った。この結果、2018年度(2018年4月〜2019年3月)の外国メーカー車の新規登録台数は前年度比1.2%増の30万7682台となり、4年連続での前年超えを達成。また、30万台の大台を超えるのは2年連続で、しかも1996年度に続く過去2番目の高水準を記録する。さらに、登録車全体に占める外国メーカー車のシェアも9.2%と過去最高を成し遂げた。

3月の輸入マーケットの動きについてJAIA関係者は、「3月の輸入車の新車販売は、一部ブランドで需給ギャップが生じたこともあり、外国メーカー車で前年同月比6.0%減の3万6705台と2カ月連続でマイナスを記録した。また、日本メーカー車は新型車効果が薄れたこともあり、同14.0%減の6217台とマイナスに転じ、全体では同7.3%減の4万2922台と4カ月ぶりに前年実績を下回った。ブランド別では、ドイツ3強のうちフォルクスワーゲンのみがプラスで、メルセデス・ベンツとBMWはマイナス。また、排出ガスおよび燃費検査の不正問題の発覚などでブランドイメージの悪化が長引くアウディは、10カ月連続での前年割れとなった」と説明。

「一方、ボルボやプジョー、ルノー、ランドローバー、ジャガーなどの中堅ブランドが好成績を達成。クルマとしてはSUVモデルのカテゴリーが依然として人気高で、価格帯別では400万円以上のクラスが堅調に推移している」と指摘した。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新国内ニュース

人気記事