新型BMW 8シリーズに試乗 俊敏な走りの上級パーソナルクーペ

公開 : 2019.05.04 09:50

いかにもスポーツクーペといった雰囲気を強調したスタイリングがウリのひとつとなるBMW 8シリーズの試乗をレポートします。俊敏な身のこなしとエレガントなスタイルを持つこのモデルの4.4ℓV8ツインターボユニットは、530ps/76.5kgmを発生します。

もくじ

どんなクルマ?
6シリーズに代わる上級パーソナルクーペ
6シリーズと同じエンジンながらパワー/トルクは向上

どんな感じ?
大人のラグジュアリークーペに相応しい身のこなし
ボディサイズを忘れさせる俊敏な身のこなし
BMW流ラグジュアリースポーツクーペの走り

「買い」か?
大人のための贅沢なセカンドカー

どんなクルマ?

6シリーズに代わる上級パーソナルクーペ

BMWの上級パーソナルクーペといえば、昔から6シリーズと相場が決まっていたはずだが、最近そのポジションが8シリーズに変わったらしい。BMWジャパンのデータを元にした自動車誌の価格表には、6シリーズのクーペとカブリオレにM6を含む合計10モデルが今も載っているが、それらはやがて8シリーズに変わるということなのだろう。

新着8シリーズのモデル名は、最近のBMW式の英文表記でいうとM850i xドライブクーペだが、そのボディサイズは4855×1900×1345mm、ホイールベース2820mmとある。一方の6シリーズは、例えば650iクーペ Mスポーツで4895×1895×1370mm、ホイールベース2855mmだから、両車のサイズは近いけれど、すべての数値が微妙に異なっている。

ボディの幅は650iとほぼ同だが、全長は40mm短く、全高が25mm低い。実際にM850iクーペを眺めてみると、高めのウェストラインに対して低いルーフがスムーズなラインを描いて後方に流れていくキャビンが印象に残る。どうやらこの、いかにもスポーツクーペといった雰囲気を強調したスタイリングが、M850iのウリのひとつに思われる。

ただしこの、スタイリッシュなルーフラインを持つキャビンは、明らかにリアシートを圧縮している。試みに身長170㎝の当方が、自分の運転ポジションの後ろに着座を試みたが、結果は苦しいものだった。ヘッドルームがきつく頭が天井に触れるのは想像どおりだったが、レッグルームもミニマムで、膝は前席のバックレストを押しっぱなしだった。リアシートは手荷物用、もしくは小学生くらいまでの子供用と割り切るべきだろう。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事