ダイソン製新型EV 特許情報が公開 革新的アイデアがずらり

公開 : 2019.05.22 11:40

ボディサイズとプロポーション

公開された特許情報によれば、このクルマの全長は、スタンダードなレンジローバーと同じく5mほどになるようだが、ホイールベースは40cm以上も長い330cmに達しており、さらに、全高が約165cmと25cm以上低いにもかかわらず、最低地上高はレンジローバーの22cmを4~6cmも上回っている。

ダイソンがこのクルマを農耕用車両にするつもりはないようだが、ランドローバーと比べても素晴らしい、アプローチ/ブレークオーバー/デパーチャーアングルを確保しており、ジェームズ・ダイソンは「さまざまな可能性が考えられます」と話している。

高いフロアと低いルーフの組み合わせは、フロア下に搭載されたワイドで長く、そして薄いバッテリーと、サルーンのようなシートレイアウトが可能にしたものであり、ダイソンでは「コマンド」ドライビングポジションと呼んでいる。

さらに、おそらく2基が搭載されるコンパクトな電気モーターと、極端に寝かせたフロントスクリーン、さらにはショートノーズによって、キャブフォーワードレイアウトを実現しており、全長の多くをキャビンスペースとして活用することに成功している。

特許資料では、7シーターの可能性も示唆しており、2列目と3列目シートでは、フロントシートよりも高く乗員を座らせることで、良好な見晴らしを確保することも可能だろう。

かさばる内燃機関を持たず、ボディと一体化したようなフェンダーデザインが可能な、細く大きなタイヤを採用することで、さらに10cmほど全幅を縮めることも可能だとダイソンは話しており、空気抵抗を削減すべく、前面投影面積の大きさにも注意が払われている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事