ダイソン製新型EV 特許情報が公開 革新的アイデアがずらり

公開 : 2019.05.22 11:40

バッテリーとパワートレイン

今回公開された特許情報では、理論的にバッテリー、水素、さらにはガソリンハイブリッドが搭載可能であること以外、パワートレインの詳細については何も明かされていないが、ダイソンでは、現在ほとんどすべてのEVで使用されているリチウムイオンに代わって、次世代バッテリーの本命とされている全固体電池に関して、異なるふたつの研究開発が進められているという。

研究開発は、英国を含む世界4カ所で行われており、初期モデルではリチウムイオンバッテリーが搭載される可能性もあるが、最終的には、エネルギー密度と重量に優れるこの次世代型バッテリーが積まれる可能性が高い。

コースティングとブレーキング時の回生エネルギー充電の面で有利だという理由から、電気モーターの数は1基以上になるだろうという以外、今回のEVで使用するモーターについては何も明かされていないが、ダイソン製高速電気モーターの性能は世界トップであると同時に、もっともコンパクトでもあり、おそらくは自社製モーターが、非常に優れたパッケージで搭載されることになるだろう。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事