ランボルギーニ・アヴェンタドールSV

公開 : 2013.05.28 20:00  更新 : 2017.06.01 01:54

このマシンはランボルギーニ・アヴェンタドールのSV(スーパー・ヴェローチェ)の初期のプロトタイプで、ニュルブルクリンクでテストしている光景を捕えたショットだ。

ランボルギーニは、このプロトタイプについては一切コメントをしていないが、現在690bhpを発揮する6.5ℓV12エンジンはパワーアップされ、そのランボルギーニの歴史の中でも最も強力なモデルになることは容易に想像がつく。

SVのネーミングは、最近ではムルシエラゴ、その前はディアブロに与えられたもので、歴史を遡るとミウラに付けられたものだ。ムルシエラゴの場合は、SVモデルはスタンダート・モデルよりも29bhpパワー・アップされていた。更にボディは100kgの軽量化が計られていた。

アヴェンタドールのSVは、写真で見る限りは新しいフロント・リップ・スポイラーと、よりワイドなタイヤとセットになるセンターロックのアロイ・ホイール、そして、強化されたブレーキ・キャリパーが与えられているようだ。また、その車高も落とされているように見える。

このアヴェンタドールSVが近いうちにデビューするのであれば、ムルシエラゴの時よりもモデル・サイクルの初期にデビューすることになる。ちなみに、ムルシエラゴSVのデビューは、生産終了の2年前に登場である。

関連テーマ

人気テーマ