新型メルセデス・ベンツBクラス B180/B200d 価格/サイズ/内装を解説

公開 : 2019.06.06 10:30

新型Bクラスのエクステリア

新型Bクラスのエクステリアデザインは、「Sensual Purity(官能的純粋)」というメルセデス・ベンツの新しい基本思想に基づき、ラインやエッジを大幅に削減した輪郭を採用している。ボディ面(パネル)に必要以上にプレスラインなどを入れないデザイン手法は、最近発表された国内外のニューモデルに共通したテイストとも言える。しばらくは、こうしたプレーンな面で構成されたデザイン手法が世界的に主流になるのかもしれない。

また、上下方向に細いヘッドライトデザイン、低く構えた姿勢のフロントエンド、ボンネットからAピラーとウインドスクリーンへの流れるような繋がりと、ボディのたくましいショルダーなどが、スポーティさを強調。顔つきは新型Aクラスと似ているが、少し厚みがあり、目つきも少し優しくなっている。

リアエンドもワイド&ローな印象を与える、上下方向に細く、横に長い、2分割型リアコンビネーションランプが採用されている。

・全長×全幅×全高=4419×1796×1562mm(欧州仕様参考値:B200d)

ワイド&ローでスポーティなデザインは外観だけではなく、空力性能の改善にも貢献しており、Cd値は0.24(欧州仕様参考値)を達成した。またルーフラインが低くなったことで前面投影面積も縮小され、クラストップレベルの空力性能を実現している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×