新型メルセデス・ベンツBクラス B180/B200d 価格/サイズ/内装を解説

公開 : 2019.06.06 10:30

新型Bクラスのパワートレイン

日本仕様のパワートレインも新型Aクラスと同じ2種を搭載する。1.4ℓの直4ガソリンターボエンジンと、日本仕様のAクラスに最近追加されたばかりの2.0ℓの直4ディーゼルターボエンジンだ。

ガソリン版はルノーと共同開発したM282型エンジンで、軽量化や省スペース性が向上したデルタ形シリンダーヘッドを採用。最高出力は136ps、最大トルクは20.4kg-mを発生する。組み合わされるミッションは、7速DCT。

ディーゼル版は、既にCクラスEクラスに搭載されて定評のあるOM654型をベースに横置きFFに対応したOM654q型。従来の排出ガス処理システムに加え、アンモニアスリップ触媒(ASC)を備えるSCR触媒を増設し、ヨーロッパで2020年に施行予定のEURO6d規制をクリアしている。最高出力は150ps、最大トルクは32.6kg-mを発生。組み合わされるミッションは、新開発の8速DCTとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像