日産370Z NISMO

公開 : 2013.06.15 17:01  更新 : 2021.03.05 18:51

■どんなクルマ?

日産370Z NISMOは、まったく新しいモデルというわけではない。クーペのマニュアル・ミッションに設定されてきたモデルだ。この370Z NISMOは、シフトダウンする時に自動的にヒール・アンド・トゥのように回転を併せてくれる機構を持つ。

そのエンジンは、標準の370ZよりもECUのチューンで16bhpパワー・アップされている。

エクステリアでは、スポーツ・エグゾーストが大きな違いだ。その2本のパイプは10mm太くされている。また、ボディ下部の空気の流れを滑らかにするスプリッターとサイド・シルが装備され、リアには大きなウイングも付く。ちなみにフロント・スピリッターを装着したため、そのボディの全長は150mm、オジリナル・モデルよりも長くなっている。

装備は、衛星ナビゲーション・システムとバック・カメラが標準となり、本革とアルカンタラのインテリアは、赤いストライプがアクセントとして入れられる。

■どんな感じ?

370Z NISMOは、5本のストラットを入れてボディを強化している。サスペンション・セッティングは、日産テクニカル・センター・ヨーロッパで開発され、日本のNISMOで製造されたもので、フロントに14%固いスプリングが装着され、ダンパーはフロントが23%、リアが31%固められたものが装備される。

その乗り心地は、プアな路面でも問題はなく、とりわけ高速道路での落ち着きと抑制は特筆に値する。

パワートレーンは、スタンダード・モデルとの違いをあまり見い出せないというのが正直なところ。確かにパワー・アップした結果、0-100km/h加速は01秒速い5.2秒となっているが、トップスピードはリミッターで制限される250km/hのままだ。

確かに高回転で僅かに伸びる感じはするが、サウンドやバイブレーションはノーマルの370Zと変わりないようだ。

そのパワーを活かしてオーバーステアに持ち込むことは簡単だ。また、GT-Rから移植されたフルードとホースを持つブレーキは短い踏み代でコントロールでき、ステアリングも若干クイックになったような気がした。

■「買い」か?

370Z NISMOは、スタンダードな370Zよりも、確実に速く、そして落ち着いたモデルだ。しかし、その価格はポルシェケイマンが購入できるレベルに達してしまっている。そう考えると、モデルとしての寿命も終りに近い370Zと、最新のケイマン、どちらを選ぶかの答えは自ずと出るはずだ。

(ニック・マハー)

日産370Z NISMO

価格 £36,995(547万円)
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 5.2秒
燃費 9.5km/ℓ
CO2排出量 248g/km
乾燥重量 1535kg
エンジン V型6気筒3696cc
最高出力 339bhp/7400rpm
最大トルク 37.9kg-m/5200rpm
ギアボックス 6速マニュアル

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ニスモの人気画像