ロードテスト フェラーリ488ピスタ ★★★★★★★★★☆

公開 : 2019.08.18 11:50

快適性/静粛性 ★★★★★★★☆☆☆

フェラーリは、ピスタ購入者の半数以上が、このクルマにサーキットで乗ると想定している。このクルマでも日頃の使い勝手は非常に重要だとマラネロでは説明するだろうが、聞いた方はこのクルマの緊張感とスリルに満ちたキャラクターをわずかでも損なうほどには重視していないと思うはずだ。実のところ、どちらも正しいとはいえないのだが。

案の定、ピスタはどんな状況でも使える。強烈な叫びを秘めたV8だが、低回転では比較的おとなしいサウンドに終始し、マネッティーノでスポーツモードを選んだときには特にそうだ。また、タイヤやサスペンションは、ロードノイズを遮断せずにキャビンへ伝えるが、スムースな路面ならばその影響はそれほどひどくない。

B級道路での乗り心地は、スーパーカーの水準からしてもせわしないが、ダンパーをバンピーロードモードに変えると改善する。
B級道路での乗り心地は、スーパーカーの水準からしてもせわしないが、ダンパーをバンピーロードモードに変えると改善する。    Luc Lacey

それなりに穏やかな運転をすれば長旅にも耐えられるし、声を張り上げなくても同乗者と会話できる。フェラーリが想定するような激しいドライビングをするには、数時間走り回ったあとに耳がガンガンしないよう耳栓を用意したほうが賢明だが、そのペースでも騒音レベルはあまりにもうるさすぎるというほどではない。

B級道路での乗り心地は、スーパーカーの水準からしてもせわしないほど敏感で、飛ばすほどにそっけなくゴツゴツしたものに感じられる。だが、ダンパーのセッティングをバンピーロードと銘打ったモードに変えると改善が見られる。

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記