麗しきフェラーリ初ミドシップ・スポーツカー ディーノ206GTに試乗 前編

公開 : 2019.09.07 07:50  更新 : 2020.12.08 10:56

英国では絶滅状態となってしまった、ディーノ206GT。フェラーリが設計したクルマとしては初めてのミドシップ・モデルであり、マラッネロにとって特別な1台であることは間違いありません。貴重な1台を、英国で試乗しました。

当時のどのフェラーリより優れたドライバーズカー

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

単なる一説だが、エンツォ・フェラーリがディーノに対してあまり前向きでなかった理由は、エンジンが6気筒だったからでも、ミドシップ・レイアウトに懐疑的だったからでもなく、余りに良すぎたからではないだろうか。

もちろん、こんなことをエンツォが口にしたことはない。しかし、手を焼く大きなV型12気筒エンジンをフロントに搭載したどんなフェラーリより、ディーノが優れたドライバーズカーだったという事実は存在する。

ディーノ206GT(1967年〜1969年)
ディーノ206GT(1967年〜1969年)

1967年のトリノ・モーターショーで姿を表したディーノ。11年ほど前に亡くなったエンツォの息子からインスピレーションを受けたという、V型6気筒エンジンを搭載した2シーターのスポーツカーだった。最高速度は225km/h以上で、美しいスタイリングのボディを持ち、モータースポーツ譲りのスリリングなハンドリングを備えていた。民主化されたスポーツカーとして、誰もが安全に運転を楽しむことができる、優れた安定性も獲得していた。

ディーノの誕生以前、フェラーリはV型12気筒エンジンを搭載した手作りの高貴なクルマを、年間700台程度販売できれば充分だった。しかし1974年にディーノ246の生産が始まると、その数字は3倍にまで跳ね上がる。ディーノはスーパーカーではなく、現代的でエキサイティングな公道向けのスポーツカー。運転する誰もが、その素晴らしさに驚いた。

ポルシェ911がターゲット

当時5000ポンド(65万円)前後のポルシェ911が属する市場をターゲットに、クラフツマンシップの1960年代と、プロモーションと量産効率を狙った1970年代をかけ合わせた、フェラーリとしては初めてのミドシップ・モデル。そう考えると246GTとGTSへも派生するディーノ206GTは、フェラーリの中でも非常に重要な、公道モデルだといえる。マラッネロの量産プロセスの礎を築いたといえるだろう。しかし、ポルシェへはさほど驚異を与えなかったことも事実だ。

わたしはこれまで何台かのディーノ246をドライブしてきたが、どれもとても素晴らしかった。また、この206がどれほどレアな存在なのかも忘れていた。1969年末までに製造されたディーノ206は150台。一般ユーザーにも接しやすい存在として量産された246GTとは大きな差だ。ミュージシャンのエリック・クラプトンは、前オーナーがフェラーリ275へ乗り換えるために手放したクルマを、現金で購入している。

ディーノ206GT(1967年〜1969年)
ディーノ206GT(1967年〜1969年)

206はすべてが左ハンドル車で、英国で正規ディーラーから販売されたのはわずか2台限り。中央のメンバーがオフセットしたシャシーは、右ハンドル版の製造が難しかったからだろう。その後、右ハンドル車への要望は、1970年に登場した246GTで叶う。

全長は4150mm、乾燥重量は900kgと小型で軽量。デザインを担当したのは、ピニンファリーナ社でデザインを15年ほど手掛けていた、当時41歳のアルド・ブロヴァローネ。ディーノ206スペチアーレ・ショーモデルのほか、フェラーリの複数のモデルを手掛けている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フェラーリの人気画像