メルセデス・ベンツS350ブルーテックL SEライン

公開 : 2013.07.06 18:00  更新 : 2017.05.13 12:51

■どんなクルマ?

新しいメルセデス・ベンツSクラスは世界で最も優れたクルマである。少なくともメーカーはそう語っている。確かに、そのトップ・グレードであるS500のステアリングを握った時には、その言葉がまさしく正しいように感じられた。しかし、SクラスのベストセラーとなろうS350ブルーテックについて、果たしてその評価が当てはまるのであろうか。

メルセデスはS350に3.0ℓV6のターボ・ディーゼルを搭載した。それは旧Sクラスから引き継ぐものではあるが、新しいSクラスの軽くなったボディ・ウエイトと共に、CO2の低減と高い燃料消費率をマークしている。

■どんな感じ?

素晴らしいクルマだ。しかし、世界最高と言えるのだろうか。それにはこういう質問が必要だ。それは一体どのような判断基準で決めることなのだろうか。

明らかに速く、より熱中させるようなドライブ・フィーリングを持ち、快適で洗練されている。但し、そのことは、先週テスト・ドライブしたS500で既にわれわれは知っている。従って、注目すべきはそのボンネットの下にあるディーゼル・エンジンだ。

確かに、旧いSクラスから持ち越されたエンジンだが、新しいSクラスのボディに搭載されることによって、マイナス点はまったくもってない。加速はきびきびとしているし、驚きに値するほどのローエンドのトルクがある。そのサウンドはほとんどの場合、キャビンでは聞くことが出来ないほど静粛性にも優れている。そして、滑らかで洗練されているエンジンだ。

何か問題があるかと問われれば、いくつかあると答えなければならないだろう。しかし、それが大きくS350ブルーテックの魅力を削ぐものではないことも確かだ。

追い越し加速などで鋭いアクセラレーションが必要となっても、コンフォート・モードにセットしている場合、その旧いギアボックスの反応がやや遅れることがあること。スタートアップ時のノイズが大きいことなどが、あまり気にならない問題点として挙げられる。

ディーゼル・ユニットは、回転を上げて積極的に走りを楽しむ類いのエンジンではないが、多くの、そして平均的なSクラスのオーナーにとって、これも問題になるものではないだろう。

これらを除けば、ダイナミックなパッケージは本当に素晴らしいとしかいいようがない。乗り心地は卓越しており、ドライバーの高い信頼に応えるべくコーナリング時も高い安定性を示してくれる。マジック・ボディ・コントロールが装備されていれば、その乗り心地は更に上をいくものになるが、残念ながらそれはV8エンジンを搭載したSクラスのみの設定ということだ。とは言え、すべてにおいて、フィードバックが貧弱であるというようなことはまったく感じられない。

インテリアの快適性は、機能面やデザインも含めてほとんどアラを探すことはできない。インストルメントに収まる2つのスクリーンは若干醜く、例えばアルバムの曲をスキップするなどのコマンドを見つけるには操作が難しいと感じるかもしれない。慣れの問題かもしれないが。もしこういった悩みから解放されたいのであれば、あなたはリア・シートに座って、ホット・ストーン効果のあるマッサージを受けていればよいだけだ。

■「買い」か?

最も快適で精密なラグジュアリー・サルーンを求めるのであれば、Sクラスはベストな1台だ。確かにレンジローバーはSクラスよりも行動的だし、ジャガーXJはファン・トゥ・ドライブかもしれない。しかし、それらがその特徴をセールス・ポイントにしているのに対し、Sクラスはビジネスマンズ・エクスプレスとしての役割をしっかり果たしてくれているのだ。

ただし、新しいレンジローバーが登場した時のような驚きはない。特に、構成パーツやインテリアについては独創的なものが欠けているような気がした。確かにあら探しのようなことではあるが、新しいエンジンやギアボックスが搭載されたり、アップル世代でも納得できるようなインテリアを望むのは無理な話だろうか。もっとも、これも世界で最も優れたクルマであると思えたからこそ、つけられる文句でもあるのだが。

(マーク・ティショー)

初試乗 / メルセデス・ベンツS300ブルーテック・ハイブリッド
初試乗 / メルセデス・ベンツS500L

メルセデス・ベンツS350ブルーテックL SEライン

価格 £65.650(990万円)
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 6.8秒
燃費 17.8km/ℓ
CO2排出量 148g/km
乾燥重量 1975kg
エンジン V型6気筒2987ccターボ・ディーゼル
最高出力 254bhp/3600rpm
最大トルク 63.2kg-m/1600-2400rpm
ギアボックス 7速オートマティック
 
最新試乗記