ロードテスト 日産ジューク ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2020.02.08 11:50

結論 ★★★★★★★☆☆☆

日産ジュークはフルモデルチェンジで熟成し、完成度を高めた。しかしそれより重要なのは、初代の風変わりさを受け継ぎつつ、実用性とマナーを向上し、最大の弱点を改善したことだ。

初代の奇妙なルックスや若々しくエネルギッシュなキャラクターが好みだったなら、それは新型にも見出だせる。後席に大人や大きな子どもを乗せたり、荷室に物を多く積むことがしばしばあるなら、また悪路を走る機会が多いなら、初代よりも不具合を感じることは減るはずだ。

称賛に値する点は少なくないが、ずば抜けた点はほとんどない。
称賛に値する点は少なくないが、ずば抜けた点はほとんどない。    OLGUN KORDAL

ジュークが誕生した当時、クロスオーバーというジャンルの競争はそれほど激しくなかった。開発された頃には、戦い抜くべきクラスそのものがなかったともいえる。

しかし、その頃と状況は一変した。おわかりだろうが、日産は2代目ジュークを、現在の基準に達するように仕立てた。ただし、このクラスのトップレベルを脅かすほど抜きん出たクルマには仕上がっていない。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

虫の眼のようなライトで好戦的な初代ジュークの外観は、個人的に好きではなかった。その点では新型のほうが魅力を感じるが、独創性は足りないようにも見える。ただ、ほかによくできた部分の多いクルマだけに、購入者はあまり気にしないのではないだろうか。

サイモン・デイヴィス

19インチホイールはベストな選択と思えないが、ホイールアーチとの見た目のバランスはみごとだ。個人的には、市街地での乗り心地がややソワソワするように感じられる。もう少し落ち着いてほしいので、より小径のホイールを選びたい。

オプション追加のアドバイス

Nコネクタとテクナ、両グレードの見積もりをしてもらおう。支払い額の差が小さく、ややノイジーでも気にならないなら、おすすめはテクナだ。追加される装備が、おおむね価値を見出だせるアイテム揃いだからだ。

改善してほしいポイント

・エンジンの再調整を。ペダルの踏みはじめのレスポンスはもっとプログレッシブに、そして高回転域はもっとよく回るフィーリングに。
・もっとパワフルなエンジンの追加を。
・洗練度アップにさらなるコストをかけて、19インチホイール仕様をもっと静かにしてほしい。

 
最新試乗記

人気記事