ロードテスト 日産ジューク ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2020.02.08 11:50

使い勝手 ★★★★★★★★☆☆

インフォテインメント

最廉価グレードのビジアを除けば、全車に8.0インチのタッチ式ディスプレイを用いるインフォテインメントシステムのニッサンコネクトが装備される。

下から2番目のアセンタでも標準装備で、システムにはApple/Android双方のスマートフォンに対応するミラーリング機能や、リアルタイム情報サービス、リアビューカメラも含まれる。それでいて、車両価格は1万9000ポンド(約266万円)を切る。

最廉価グレードのビジアを除けば、全車に8.0インチのタッチ式ディスプレイを用いるインフォテインメントシステムのニッサンコネクトが装備される。
最廉価グレードのビジアを除けば、全車に8.0インチのタッチ式ディスプレイを用いるインフォテインメントシステムのニッサンコネクトが装備される。    OLGUN KORDAL

Nコネクタ仕様では、ライブ交通情報を受信できるトムトム製の純正ナビゲーションも追加される。これはなかなか出来のいいシステムだ。入力やセッティングの操作がシンプルで、表示も見やすい。これが最量販グレードになりそうだ。

テスト車に装備されていたサラウンドオーディオのBoseパーソナルプラスは、テクナ以上に与えられるアイテム。追加出費を決意する最大の理由にはなりえないが、サラウンドサウンドの広がりは納得の行くレベルだ。

燈火類

ハイビームアシスト付きのLEDヘッドライトは標準装備。明るく、自動減光の反応も悪くない。

ステアリングとペダル

足元は適度に広く、ペダル配置は良好。ステアリングコラムにテレスコピック調整が加わり、初代ジュークのエルゴノミクス面で一番の欠点は解消された。

 
最新試乗記

人気記事