ロードテスト 日産ジューク ★★★★★★★☆☆☆

公開 : 2020.02.08 11:50

操舵/安定性 ★★★★★★★★★☆

おそらく、多くのひとびとがファントウドライブだと認めるクルマではないだろう。それでも、価格帯やサイズが近いクロスオーバーの平均からすれば、スポーティでハンドリングバランスに優れているといえる。

初代はキビキビした走りで、若くエネルギッシュなドライバーにも訴求できるクロスオーバーとなった。新型にもその点は受け継がれているが、さらに乗り心地が洗練され、初代より快適になった。

価格帯やサイズが近いクロスオーバーの平均からすれば、スポーティでハンドリングバランスに優れている。
価格帯やサイズが近いクロスオーバーの平均からすれば、スポーティでハンドリングバランスに優れている。    OLGUN KORDAL

ステアリングの手応えはほどほどで、自然な速さ。サスペンションは、このクラスではやや硬め。上下方向のボディコントロールは良好でプログレッシブだが、そのぶん乗り心地はクラスベストのライバルよりは多少劣る。

この手のクルマにはそれが欠けていることもあるが、ジュークは路上で小ささの恩恵に預かれるクルマだ。シンプルに俊敏さを感じさせるグリップとボディコントロールを備え、ややソフトでレスポンスに劣るライバルとは異なる趣を見せる。

ターンインでは、ロールによってエネルギーをロスしていると感じることがまったくない。四輪のグリップの均衡を乱すほどロールさせようと思ったら、かなりのスピードで激しく切り込まなければならない。

どんなスモールカーにも劣らぬほど自信たっぷりに飛ばせる新型ジューク。大きく重いクルマだと感じさせられることはまずない。

限界ハンドリングをテストしている間、スタビリティコントロールが非常に効果的であることはよくわかった。また、スイッチがオフになっていると表示されているときには、バックグラウンドでは作動しているものの、介入が抑えられている。

シャシーは、先代モデルではなし得なかったほどドライバーオリエンテッド。エミッション規制の激しい現状にあっても、ニスモ仕様の追加に期待したくなってしまう。

 
最新試乗記

人気記事