【新型5人乗りSUV】フォルクスワーゲン・タイグン 1.5ターボ/天然ガスの2車種か ニューデリー・モーターショー2020

公開 : 2020.02.06 19:55

フォルクスワーゲンの新小型SUV「タイグン」登場。Tクロスと同等サイズのインド市場向けモデルです。モーターショーの会場から実車写真が届きました。

「Taigun」発表

text:ジェームス・アトウッド

フォルクスワーゲンは、インド市場向けの小型SUV「タイグン(Taigun)」を発表した。生産開始は、2021年を予定している。

フォルクスワーゲンTクロスと同等のボディ・サイズで、同ショーで公開されたスコダのコンセプト・モデル「ビジョンIN」と近い関係にあるモデルだ。

フォルクスワーゲン・タイグン
フォルクスワーゲン・タイグン

どちらのモデルも、インド向けのプラットフォーム「MQB A0 IN」を使用している。

最低地上高205mm

フォルクスワーゲン・グループが、この国で掲げている「インディア2.0」プロジェクトのもと、初めて登場するのが、タイグンの量産仕様である。

全長はTクロスよりもわずかに長く、ホイールベースは2651mm。現地の道路状況を考えて、最低地上高は205mmを確保した。

フォルクスワーゲン・タイグン
フォルクスワーゲン・タイグン

外観はTクロスよりもクローム加飾を多く使い、インド市場の傾向を意識した仕立てになっている。コクピットには、デジタルメーターと8.0インチのタッチスクリーンを装備した。

また、心臓部は1.5Lの4気筒ガソリンターボ(132ps)を採用すると言われ、さらに天然ガス仕様も検討されている。

3度目の正直

コンパクトカー用のモジュラープラットフォームとして知られる「MQB A0」を、インドのプネーにある同グループのテクニカルセンターで改良。

タイグンの部品のうち90%のものは、インド国内で生産したパーツを使用している。今後、その割合を95%まで高めることが目標だという。

フォルクスワーゲン・タイグン
フォルクスワーゲン・タイグン

なお、タイグンの名前がフォルクスワーゲンのコンセプト・モデルに使用されるのは、これで3度目となる。2012年、2016年に同じ車名の試作車が登場しているが、いずれも量産化するには小型すぎるとして見送られた経緯がある。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×