フランクフルト・モーターショー:メルセデス・ベンツS500プラグイン・ハイブリッド

公開 : 2013.09.10 18:00  更新 : 2017.06.01 02:15

メルセデス・ベンツは、新しいSクラスの第3のハイブリッド・モデルであるS500プラグイン・ハイブリッドをフランクフルト・モーターショーで公開した。

S500プラグイン・ハイブリッドは、329bhpの3.0ℓV6ターボ・エンジンと80kWの電気モーターがそのパワー・ユニット。ガソリン・エンジンは48.9kg-m、モーターは34.7kg-mのトルクを発生する。最高速度はリミッターで250km/hに制限されている。

メルセデスはS500プラグイン・ハイブリッドが、電力のみで30km走行が可能だとコメントしている。また、完全なハイブリッド・モードでの走行では、CO2排出量は69g/km、燃費は33.3km/ℓになるという。

第2世代となる再生ブレーキ・システムは、クルマが惰性で進んでいる時や、エンジンがカットされている場合、リチウムイオン電気にパワーを充電する。バッテリーは、以前に発表されたS300ブルーテックやS400よりも10倍の容量を持つ。また、オンボード・ナビゲーションによって次の8kmの道路状況を把握し、最適なエネルギー管理を行うという。なお、ドライバーは、4つのドライビング・モードを選ぶことができる。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事