【ただの拡大版じゃない】フィアット500X 大人4人がゆったり乗れるチンク、あります

2020.05.29

後席/荷室/新型エンジン

シートのデザインも500を受け継ぎ、丸いヘッドレストやバックレストに施された500ロゴの刺繍などが目を楽しませてくれる。

トリムに高級な素材を使わなくてもイタリア的なデザインが心地良い空間を提供してくれるのは、フィアットの伝統である。

フィアットのSUV「フィアット500Xクロス」の後席。
フィアットのSUV「フィアット500Xクロス」の後席。    前田恵介

後席は、大きなセールスポイントで、“使える500”の真骨頂。ホイールベースが500に較べ270mm延長されたこともあり、大人がゆったりと座れる空間を確保している。

また、大物も積めるラゲッジスペースの広さも見逃せない。後席使用時でも350Lが確保され、バックレストを折りたためば1000Lになる。

パワートレインは2019年4月のマイナーチェンジで一新され、「ファイア・フライ」と名付けられた新開発の1.3L直列4気筒マルチエア16バルブ・インタークーラー付きターボ・エンジンを採用。

151psという最高出力は、2009年に発売された初代アバルト500の135psを大きく上回るほど。

マイナーチェンジ前のモデルより最高出力が11ps、最大トルクで4.0kg-m向上したことにより、「500X」はさらなる余裕を手に入れた。イタリア仕様では最高速度200km/h、0-100km/h加速は9.1秒と、駿足ぶりを発揮する。燃料消費率もWLTC混合モードで13.4km/Lに向上している。

500の1.2ポップの69ps、ツインエアの85psに較べると車重が400kg増えるが、それ以上の余裕を手に入れたことが分かる。そこに6速デュアルクラッチATを組み合わせて前輪を駆動する。なおマイナーチェンジ後は2輪駆動(FWD)のみの設定となった。

 
最新試乗記

人気記事