【スピード違反は減らない?】ボルボの最高速度制限に、意味はあるのか

2020.06.26

サマリー

ボルボが発表した「最高速度を180km/hに制限する」方針は、今後すべてのラインナップに適用されていきます。安全性向上に大きな違いをもたらすことはなさそうですが、議論を深めることが重要だと担当者は語ります。

もくじ

180km/h制限では、スピード違反は減らない
自動車メーカーとしての責任感

180km/h制限では、スピード違反は減らない

text:James Attwood(ジェームス・アトウッド)

ボルボは昨年3月、安全性向上を目的に、全モデルの最高速度を180km/hに制限すると発表。今後、ラインナップ全体に適用されていくが、これで本当に事故は減るのだろうか。

180km/hという上限速度は、ドイツを除くすべての国の制限速度をはるかに上回っている。そもそも、スピードを出したいドライバーは、ボルボを買わないという選択肢を取るだろう。

現在、最高速度は190km/h~250km/hに設定されている。
現在、最高速度は190km/h~250km/hに設定されている。    ボルボ

ボルボ・カーズ・セーフティ・センターの責任者であるマリン・エクホルムも、「時速180kmではまだ速いので、これでスピード違反がなくなることはないでしょう」と明かしている。

では、なぜボルボはこのようなことをしているのだろうか?

「時速180kmを超えるスピードを出す理由はどこにもありません」

「スピード違反については誰もが問題視していますが、私たちは本気で取り組んでいるということを示すために行動したかったのです。そうすれば、この問題についての議論が深まると考えました」

ボルボにとって、速度制限(スピードキャップ)は交通安全を推進するための最新の取り組みである。

ボルボは世界で初めて3点式シートベルトを導入し、構造的安全性と衝突防止システムの業界基準を押し上げてきた会社だ。

「その結果、多くのお客様が私たちの活動を非常に支持してくれています。ボルボが選ばれた理由の1つは、私たちが安全性を重視しているからです」

 

人気記事