アルファ・ロメオ・ジュリエッタ2.0 JTDM TCT

公開 : 2012.02.01 22:34  更新 : 2017.05.29 18:25

■どんなクルマ?

このスタイリッシュなアルファ・ロメオ・ジュリエッタは、初めてデュアルクラッチを装備したモデルだ。アルファがTCTと呼ぶそのデュアルクラッチは、昨年秋にミトに採用されたが、より精巧なシフトタイミングへの修正と、スタートストップ・システム備えて、ジュリエッタに採り入れられた。1組のドライクラッチを持つ6速ギアボックスは、スタートストップ・システムによって燃費とCo2排出量に寄与するばかりでなく、ギアボックス単体の重さを減らすことにも成功しているのだ。ギアボックス重量は81kgで、その重さは通常のオートマチックよりも10kgも少ない。また、168bhpの2.0リッター・ターボ・ディーゼル・モデルにおいては、26.7km/lの燃費と119g/kmのCo2排出量をマークする。6速マニュアル・モデルが25.6km/l、124g/kmであるから、その差額は小さいかもしれないが、それでも素晴らしい向上である。

■どんな感じ?

すべてが悪くない。われわれは、イタリアにあるアルファ・ロメオのバロッコ・テストコースでギアボックスのテストをする機会が与えられたが、コーナーを攻めても、ギアチェンジは実に滑らかでスムーズだった。

すべてのジュリエッタのように、TCTを装備されたディーゼル・モデルも選択可能なDNAドライビング・モード・システムが採用されている。N(ノーマル)モードであれば、112km/hで2000prmという値を示していた。それはツインクラッチのこのジュリエッタが、高速クルーザーとしても充分な素質を持っていることを示している。

またD(ダイナミック)モードでは、エンジンのオーバーブースト機能が効き、トルクが35.6kg-m(通常は32.6kg-m)まで上がる。0-100km/h加速は、マニュアルモデルよりも0.1秒速い7.9秒をマークする。

しかし、落とし穴はスタートストップ・システムにある。アルファ・ロメオはミトのものより改善されたとはいっているが、実際にはエンジンをカットオフするのが遅く、スタートするのも遅かったのだ。これは悩ましい問題である。結局、われわれはスータトストップ・システムのスイッチをオフにすることとした。

同時に168bhpを発揮する1.4リッターのマルチエアー・ガソリン・エンジンも試乗した。そのフィーリングはほぼ同じだが、ディーゼル・モデルのほうが0-100km/h加速を比べても速いし、フロント・エンドが重たく感じるのも気にかかった。ちなみに、ガソリン・モデルの燃費とCo2排出量は、23.1km/lと121g/kmである。

■「買い」か?

スタートストップ・システムをオフにすることを念頭に入れれば、ジュリエッタは推薦できる1台だ。しなやかな乗り心地とハンドリング、素晴らしいルックス、そしてよくできた内装。後は、あなたがジュリエッタにいくら払えるかが決めてだろう。TCTは1350ポンド(16.2万円)、マニュアル・モデルよりも高く、オプションのパドルシフトを選ぶと更に260ポンド(3.1万円)のコストが掛かるのだ。

(マーク・ティショー)

アルファ・ロメオ・ジュリエッタ2.0 JTDM TCT ルッソ

価格 23,350ポンド(2,802,000円)
最高速度 216km/h
0-100km/h加速 7.9秒
燃費 26.7km/l
Co2排出量 119g/km
乾燥重量 1340kg
エンジン 直列4気筒1956ccターボ・ディーゼル
最高出力 168bhp/4000rpm
最大トルク 32.6kg-m/1500rpm(オーバーブースト時35.6kg-m/1750rpm)
ギアボックス 6速デュアルクラッチ・オート

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記