【優位さを保つマイナーチェンジ】ベントレー・ベンテイガへ試乗 4.0L V8 前編

公開 : 2020.08.23 10:20

技術面もアップデートされたインテリア

ボディの見た目と違って、インテリアに関しては、当初から不満をいうオーナーはほとんどいなかった。それでも2020年に向けて、大幅にデザインの変更がされている。

センターコンソールのエッジの立ち上がりが大きくなり、見た目も良くなったほか、操作系のレイアウトも見直されている。ベントレーのトレードマークでもあった、円形の2つの送風口は、ベントレー・バカラルのような翼を開いた形状へ変更された。

ベントレー・ベンテイガ(英国仕様)
ベントレー・ベンテイガ(英国仕様)

ドライバーは、ヘッドアップ・ディスプレイに加え、モニター式のデジタルメーターを獲得。表示スタイルは従来的なアナログ・タイプだ。上部中央に鎮座する、時計は残されている。

センターコンソールのスイッチパネルも一新。大型化され、反応も良くなったタッチモニターの下には、物理的なボタンやスイッチ類が並ぶ。

コンチネンタルGTやフライングスパーと同様に、ベンテイガにも独自のSIMカードを内蔵。クルマから離れても、常にドライバーのスマートフォンとつながる状態にある。

インテリアデザインの責任者であるダレン・デイによれば、コネクティビティは実際の環境で利便性を向上させることが、調査で示されたという。

シートも完全に新しくなった。座面や背もたれのパンチングはサイトサポート部分にまで施され、冷却機能はより効果的に働く。ベントレーの特徴でもある、キルティング加工されたステッチは二重に入る。

この続きは後編にてご紹介したい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事