【高性能グランドツアラーを比較】ポルシェ911ターボS VS マクラーレンGT 後編

公開 : 2020.08.23 11:50

英国西部、エクスムーア国立公園の雄大な自然に広がる道。最新のマクラーレンGTとポルシェ911ターボS、どちらが気持ちよく駆け抜けることができるのでしょう。最新の高性能グランドツアラー2台を、比較試乗しました。

もくじ

スーパーカーを超える存在感のターボS
GTの64.1kg-mに対し、ターボSの81.4kg-m
揺るぎないコーナリング
期待値が高いマクラーレンのGT
スーパーカー界を席巻するターボS
ターボSとGT 2台のスペック

スーパーカーを超える存在感のターボS

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
photo:Olgun Kordal(オルガン・コーダル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
強固なカーボン製のタブのおかげで、マクラーレンGTのダブル・ウイッシュボーン式サスペンションは、スプリングレートが柔らく設定されている。乗り心地に敏感な助手席のご婦人からも、不満は出ないかもしれない。

フロントガラスは広く、ルーフはパノラミック・サンルーフが一体で、車内には太陽光が溢れる。開放的ですらある。マクラーレン600LTほど顕著ではないが、眼下の路面を素早くすり抜ける、矢じりにでも乗っているかのようだ。

マクラーレンGT/ポルシェ911ターボS
マクラーレンGT/ポルシェ911ターボS

ミドシップのグランドツアラー、GTはもっと早く登場しても良かった。素晴らしいデザインが、卓越した視認性と身のこなしを両立させている。

一方、911ターボSでエクスムーア国立公園へ向かったマット・ソーンダース。改めて見ると、すごいデザインだ。

マクラーレンGTのスタイリングと比較しても、ターボSの見た目が目指すところは明確といえる。3.7Lツインターボを積むポルシェは、ひたすら筋肉質。

911はGTよりわずかに幅が狭く、背が高い。快適性ではマクラーレンGTにやや劣るが、見た目は鮮烈。ワイドに張り出したリアフェンダーは、水平に横へ広がっているようにすら見える。存在感でいえば、スーパーカーも超えるほど。

ターボSの圧倒するようなボディの内側も、同様にシリアス。サスペンションはマクファーソン・ストラット式とマルチリンク式の組み合わせ。マクラーレンのリアタイヤが幅295なのに対し、ターボSの方は幅が315もある。

GTの64.1kg-mに対し、ターボSの81.4kg-m

10ポッドのフロント・キャリパーがおごられたブレーキに、水冷式のデフと強力なクラッチを備える四輪駆動。豪腕ぶりでいえば、マクラーレンの相手ではない。

マクラーレンGTの最大トルク、64.1kg-mは5500rpmと比較的高回転域で発生するのに対し、ターボSの場合、81.4kg-mを2500rpmから溢れさせる。受け止めるトランスミッションは、強化版のPDKだ。

ポルシェ911ターボS(英国仕様)
ポルシェ911ターボS(英国仕様)

マクラーレンGTも911ターボSも、一般道だけでなくサーキットでも、必要以上に速い。だが数字を比べれば、ターボSの圧勝に感じられる。

マクラーレンGTから乗り換えてみる。やはり、ポルシェの方に軍配を上げるしかなさそうだ。狭いドアと大きなサイドシルをまたぐが、乗り降りはさほど難しくはない。

後輪操舵を備え、ホイールベースが擬似的に短くなり、回答性が高められている。最小回転半径も同様に小さい。

着座位置は、マクラーレンより低く設定できる。組み立て品質やスイッチ類、モニターの仕上がりなどは、ドイツ製のクルマらしい。機能的な豪華さが漂っている。

ベースのポルシェ911と共通する、抵抗できない魅力に惹き込まれるが、GTの方が特別感では強い。直立気味のフロントガラスと、弧を描くグラスエリアによるものだろう。

ターボSには、アクティブ・エアロや極めて強固なサスペンションが与えられ、動的性能も目がくらむほど。それでも、見慣れた車内は温かい笑顔で迎えてくれるようだ。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事