【現行スポーツシリーズの最後を彩る】マクラーレン620R 公道に降り立ったGT4

公開 : 2020.08.27 10:20

マクラーレンのスポーツシリーズとして、最終バージョンであり最速仕様の620Rが登場。570S GT4に近い容姿とサスペンションを備え、ラップタイムもほぼ同等を実現しています。レース経験も持つテスターの評価はいかに。

もくじ

620psの、公道公認のGT4マシン
0-100km/h加速は720Sに並ぶ2.9秒
1秒毎に運転の楽しさを感じられる
過去10年で最も希少なスポーツシリーズ
マクラーレン620R(英国仕様)のスペック

620psの、公道公認のGT4マシン

text:Andrew Frankel(アンドリュー・フランケル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
今から数年前、マクラーレンは人気のモータースポーツ、GT4カテゴリーへ570Sを投入した。以来、マクラーレンのレースカーは、堅調なビジネスを展開。570S GT4は4つの大陸で勝利を収め、3桁の台数を販売している。

筆者もスパ・フランコルシャンで一度レースに参加しているが、素晴らしい体験だった。しかし、GT4の規制でパワーは436psへ落とされていた。ほかのマシンへも、チャンスを与えるために。レース後、570S GT4から降りることも残念でならなかった。

マクラーレン620R(英国仕様)
マクラーレン620R(英国仕様)

でも最新のマクラーレン620Rなら、家まで乗って帰ることができる。エンジンは620psを叩き出す。大雑把に表現するなら、620Rは公道公認のGT4マシンといえる。

想像と違って、600LTをチューニングし、620Rとしたわけではない。GT4で培った経験を、可能な限り公道マシンへ落とし込もうとする明確な意図がある。恐怖の運転体験にならない程度に。

実際、最低地上高はレースカー並みに低い。スプリングレートとサスペンションのキャンバー角は、570S GT4のものに近い。

2021年の春には、スポーツシリーズへニューモデルが登場する予定。現行の540を入り口とするモデルラインナップとしては、最後のバージョンでもある。

620Rの製造台数は、わずかに225台。当初350台が見込まれていたが、新型コロナウイルスの影響で生産は遅延。新モデルの生産ラインを準備するためにも、数を制限する必要があるのだという。

0-100km/h加速は720Sに並ぶ2.9秒

英国での価格は25万ポンド(3400万円)から。まだ売り切れてはいないそうだから、興味がある人は急いだ方が良い。

GT4譲りの装備として筆頭となるのが、手動調整式のパッシブ・ショックアブソーバー。伸縮、伸長ともに32段階刻みで設定できる。スプリングとアンチロールバー、トップマウントは620Rの専用品だ。

マクラーレン620R(英国仕様)
マクラーレン620R(英国仕様)

タイヤは標準でピレリ・トロフェオRを履く。オプションで、オーダーメイドのスリック・パターンも選べる。今回の試乗車はスリックだった。

角度調整できるリアウイングは、基本的にGT4と同じもの。公道での認可のために、角が丸めてあるけれど。

一方で、フロントバンパーとスプリッター、カーボンファイバー製のボンネットは、公道用の新デザイン。241km/hでの走行時に、185kgのダウンフォースを発生させるという。

車内には、慣性リール式のレース用ハーネスを装備。シフトパドルやステアリングホイールのスポーク、センターコンソールはカーボン製となる。軽量化によって、乾燥重量は1282kgに抑えてある。

一般道で620Rに不満を抱くことはない。これより乗り心地が悪く、我慢できないロードノイズを響かせるモデルが沢山ある。

大きく穿たれたボンネットスクープが、フロントの荷室空間を削っている。それでも、長距離ドライブも問題ないだろう。しかも、かなり速い。

0-100km/h加速は、100psもパワフルな720Sに並ぶ2.9秒。200km/hへの到達時間も、わずか0.3秒の差しかない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事